お電話は、なるべく診療時間内にお願いします。 スタッフブログ

インプラント治療の流れ

ここでは1本の歯がインプラント治療によって元のように回復する流れをご説明致します。
広い範囲にわたって歯が失われた場合に複数のインプラントを植立し、
義歯等の上部構造を装着する場合でも、ほぼ同じ治療の流れで行われます。

おおまかなインプラント治療の流れ

1. 術前検査
インプラント治療に必要な術前の検査を綿密に行います。
・インプラントを植立する部位の歯槽骨(顎の骨)の量・質は適切か
・全身的な疾患(心臓病・糖尿病・腎臓病・高血圧等)はないか
・噛み合わせや周囲の歯の状態
等、多くの項目にわたる検査が含まれます。
CTスキャンでの撮影を行い、インプラントを植立する
歯槽骨の幅や厚みを測定します。
2. フィクスチャーを植立
粘膜を少し切り開き、骨にインプラントを植立するための穴を正確に開け、
フィクスチャーと呼ばれる人工歯根(歯根部)をその穴に植立して歯肉を縫合します。
この間の処置は局所麻酔下で行われますので、手術中の痛みはありません。
(図は解りやすいように示した断面図です)
3. フィクスチャーと歯槽骨が結合

このままの状態でフィクスチャーと歯槽骨が結合するのを待ちます。
期間は症例にもよりますが、だいたい3〜4ヵ月ほどになります。
(回数や期間は治療法や個人差によって異なります)

4. アバットメントを装着
フィクスチャーと歯槽骨の間に充分な生体結合が得られたら、
アバットメントと呼ばれる支台装置(支台部)をフィクスチャーに装着します。
5. 人工歯冠を装着
フィクスチャーに装着したアバットメントに、
精密に制作した人工歯冠を装着します。
(図は解りやすいように示した断面図です)

インプラント治療後は、しっかりメンテナンスしましょう。

インプラントの治療完了後は、歯周病ならぬ「インプラント周病」にかからないように、
徹底したメンテナンスでインプラント周囲組織の健康を保つ必要があります。
もちろん川島歯科医院でもセルフケアの指導を行っております。
この機会に、是非ご相談ください。

インプラント専門医と骨のスペシャリストが、最良の手術をご提供します。

 

東京歯科大学院歯学研究科にて解剖学(骨の研究)を専攻・修了した
骨のスペシャリスト:院長の川嶋剛と、日本口腔インプラント学会専門医・
東京歯科大学非常勤講師・歯科医師臨床研修指導医の資格を持ち、
海外の学会・シンポジウムでも高く評価されているインプラント専門医、原俊浩が、
安心・安全で確実な手術をご提供します。

川嶋歯科医院 アクセスマップへ

川嶋歯科医院は、日本ヘルスケア歯科学会の【ヘルスケア認証歯科医院】です。(ヘルスケア認定歯科衛生士:3名在籍)

予防歯科インプラント審美歯科ホワイトニング矯正歯科むし歯歯周病入れ歯

治療のご予約・お問い合わせは 042-573-2351

アクセス 東京都国立市富士見台1-14-12
電車でお越しの方は JR南武線 谷保駅北口より徒歩2分
バスでお越しの方は JR中央線 国立駅/京王線 府中駅/京王線 聖蹟桜ヶ丘駅よりバス乗車、バス停「富士見台第一団地」または「谷保駅」より徒歩2〜3分
お車でお越しの方は 医院横に駐車場が3台分有ります

アクセスマップを見る

 ※お子さまを連れてお越しの方は、事前にご一報ください。

スタッフブログ
↑ PAGE TOP